TOPお知らせびっくりファーム【万田びっくりファーム定点観測所】2010年5月29日更新
びっくりファーム
【万田びっくりファーム定点観測所】2010年5月29日更新
2010年05月29日

万田びっくりファームでは今、植物たちがどんどん大きくなろうとして、元気に育っています。

この【万田びっくりファーム定点観測所】では、実際にびっくりファームに来ていただくことが難しい方にも、植物の可能性を感じていただけるよう、植物の成長を追っていきます!!

どんな”びっくり”に出会えるのか…乞うご期待!!

大根  ↓

現在は種子を残すという大事な仕事を残すのみとなり、農場でのんびり過ごしています。

こんな大根の状態も、見たことがある方はあまりいらっしゃらないのでは?

大根は、こうして2本残すことによって、お互いの花粉が行き来して種ができるそうです。

1本だけでは種ができにくいんですって!!

〔写真左〕寄り添っているような2本の大根     〔写真中〕種が入っているさや         〔写真右〕長さは5.5cm

種とりを待つジャンボ大根
さやがいっぱい!
まだ未熟なさやです

ジャンボかぼちゃ
ジャンボかぼちゃの雌花
ジャンボかぼちゃ →

まだまだ見た目は普通のかぼちゃ。

これから蔓(つる)もどんどん伸びていきますよ。

花の根元の膨らんだ部分(○で囲んだ部分)が

将来実になる部分です。

〔写真左〕現在の直径約5cm

 

ジャンボひまわり ↓

こちらも今は普通のひまわり。高さ45cm。

花が見ごろになる頃には、この茎が木の幹のようになっていくのです。

まだ小さいジャンボひまわり
ジャンボひまわり・高さ45cm
ひまわり

IMG_2357改.JPG
← ひょうたん
3mのロ~ングひょうたんに挑戦中。
ちょうど花が咲き始めました。

 

 

 

 

 

坊ちゃんかぼちゃ ↓

こちらはジャンボサイズではありませんが…ちょうど受粉の作業に出会えましたので、お見せします!

かぼちゃには雌花(写真左・根元に実になるふくらみがあります)と雄花(写真中・花びらをとっちゃいましたが…)があって、こうしてひとつずつ受粉させて、実がなるのです。
大変な作業があって、立派なかぼちゃになるんですね。

    〔写真左〕雌花です     〔写真中〕受粉しやすいように花びらを取っています       〔写真右〕受粉作業

かぼちゃの雌花
雄花です
受粉作業

※担当者より…ハウス栽培であり、また今年はミツバチが少ないようなので、着果を確実のものとするために、人の手で受粉作業をしています。通常は、ミツバチが受粉させてくれます。

スイカ
← スイカ

こちらはスーパーの店頭などで見かける普通の大玉スイカ。

今は直径2cm(○で囲んだ部分)くらい。

すでにスイカ模様になっているんですね!

スイカの花
スイカの模様が!

ハッサクの花
← はっさく(八朔)

因島ははっさく発祥の地なんです。

ということで、はっさくの花です。

今はこんな白い花がたくさん咲いています。この時期、因島をはじめ柑橘の産地である瀬戸内はミカンの花の香りでいっぱいになります。

その中に…実を発見!(○で囲んだ緑の部分です) まだ直径5mmくらいなんですけどね。