TOPお知らせびっくりファーム展示圃場の紹介
びっくりファーム
展示圃場の紹介
2008年06月04日 | 圃場紹介

圃場の作付面積は約1,000?。野菜・花など年間40種類以上を植付けています。

主に露地栽培であり、ハウスには冷暖房の設備はありません。

ここは産業団地(工業関係)として開発された場所であり、埋立地です。

土壌は真砂土。いわゆる山の土です。肥えている土とはいいがたいものです。

栽培して18年になりますが、土壌消毒は行っていません。

また、最近は天候の変化が大きく、植物を育てにくくなっています。

このような条件ですから、「圃場管理者の腕のみせどころ」。

育ちやすくするための工夫もします。

 圃場では、基本的に植物用万田酵素を月2回(2週間おき)に散布し、その他は各作物に応じた管理を行っています。

 

dojo.jpg

<圃場土壌(真砂土)>

肥えてるとはいえません。

 

nasu.jpg

 
<マルチングとかん水チューブ>

マルチングは蒸散を防ぎます。

(土の上にかぶせてあるビニールがマルチングです)

かん水チューブは水遣りを容易にします。

 

suika-net.jpg

<ネットと敷き藁>

ネットはカラスよけ。

敷き藁は蒸散防止と地温上昇を防ぎます。