TOPお知らせミャンマープロジェクトミャンマープロジェクト(6)~万田31号の普及とその効果~
ミャンマープロジェクト
ミャンマープロジェクト(6)~万田31号の普及とその効果~
2016年02月01日

IMG_9825

今回は、「万田31号」がミャンマーでどのように普及し、
効果をあげているかをご紹介いたします。

「万田31号」とは、弊社の「万田酵素」を開発する過程で培ったノウハウを
活かして製造したもので、比重1.3、pH約4.0の黒いペースト状の特殊肥料です。
41種類の果実類・穀類・海藻類などを原材料として、弊社独自の技術で
発酵・熟成を繰り返し、3年以上の年月をかけてつくられた製品です。

2014年、エーヤワディ管区での試験栽培が始まり、
コメ作りのプロフェッショナルが技術指導を行いながら、
「万田31号」を使うことでどのくらい収量が上がったのか、
収穫したコメを正確に測り確認したところ、ある農家では、
1エーカー※あたりの収量が約2倍に増えたという報告があり、
同管区での継続的な活動を計画するきっかけとなりました。

その後、25軒の協力農家を募り、使用法や収量アップのための
農業指導、勉強会を繰り返し実施。

そして昨年からは、農業灌漑省(のうぎょうかんがいしょう)と共に、
農業試験を6ヶ所で実施しています。コメの収量がアップし、
品質も向上していますので、刈り入れは手作業で大変ですが、
現地の方々と収穫の喜びを分かち合っております。

私達は、このプロジェクトがミャンマーでの持続的なビジネスになる日まで、
引き続き活動をおこなっていきます。

※1エーカー = 約4,046.9平方m(一辺が約63.6mの正方形の面積分)

IMG_0255