自然の営みに寄り添い、ゆっくり、じっくり。からだに、発酵の力を。

「発酵のひみつを解明したい——。」 私たち、万田発酵の原点は、開発者である松浦新吾郎の想いから始まっています。

果穀藻菜

  • 果
  • 穀
  • 藻
  • 菜
kakokusousai
kakokusousai
「万田酵素」には、53種類の植物性原材料を使用してます。熟した「果実」。豊かな「穀物」。海の「藻類」。そして、大地の栄養をたっぷり含んだ「野菜」。長期発酵・熟成に最適な配合でブレンドされた、「果穀藻菜(かこくそうさい)」が、1包に凝集しています。

こだわり素材を、 自社工場で まるごと発酵。

果実の皮には、酸化や劣化を防ぐ力があります。

種子には、新しい生命を育む滋養があります。

万田酵素は、原材料の果実などの皮や種まで
まるごと発酵・熟成。

だから、素材選びには妥協なし。

自社農園で栽培されている柑橘類や、
契約農家で栽培されたものを中心に使用しています。

果穀藻菜

因島のこと

因島のこと
瀬戸内海の美しい島々。風光明媚な「因島」に、万田発酵があります。

地中海気候に分類される瀬戸内。

春は海面をゆったりと風が渡り、
夏は、酷暑の象徴と「夕凪」が心地よく。

秋には、中国山地からの乾いた風が吹き、
冬は、温暖な気候が柑橘類を育みます。

この、因島独特の四季がもたらす条件が、
「万田酵素」の醸成には欠かせません。

造り酒屋の知恵と技術を、人と、自然のために。

「万田発酵」のルーツは、因島で元禄時代から十代に渡って続いた老舗の「造り酒屋」です。

良質な発酵食品の製造は、
気温や湿度といった自然環境、
そして微生物の働きを知り尽くした職人の、
知恵と技術なくしてはなし得ません。

因島のこと

ミャンマープロジェクト

人と地球の健康のために

発酵の技術を、世界の農業に生かしたい——。

万田発酵は、「人と地球の健康に貢献する」という企業理念に基づき、
ミャンマーの農家の方々の生活向上を目指し、
プロジェクトを進めています。

ミャンマープロジェクト

因島から、世界へ

万田酵素はミャンマーの農業技術と生産性の向上のため、
現地への技術指導者派遣や物資支援を行っています。

苗の栽培に「植物用万田酵素」を用いるなど農法改善を提案、
栽培試験を行い、お米の収穫量が50%以上もアップするなど万田発酵の技術が活かされています。