TOP会社情報沿革
沿革
万田発酵の沿革をご覧いただけます。

1961年(昭和36年)
松浦新吾郎会長が発酵の研究に着手

1984年(昭和59年)10月
万田酵素の販売を開始する
1987年(昭和62年)6月
万田発酵株式会社設立 万田酵素の製造開発部門として分離独立し、生産体制を確立する
1989年(平成元年)11月
本社工場第1期工事完成(加工工場2棟 発酵棟3棟)
1990年(平成2年)5月
広島県工業推奨指定助成金受給
1991年(平成3年)3月
万田酵素開発の技術を応用し、植物用商品の発売を開始する
1992年(平成4年)1月
万田HI酵素の発売を開始する
1992年(平成4年)3月
万田酵素金印の発売を開始する
1992年(平成4年)6月
万田酵素に財団法人日本健康・栄養食品協会審査済証票表示許可
1994年(平成6年)8月
本社工場第5期工事完成(発酵棟7棟)
1996年(平成8年)3月
広島緑化モデル工場として、広島県知事賞受賞
1997年(平成9年)1月
国際部設置 海外への販売本格的に開始
1999年(平成11年)11月
全身スキンクリーム「肌元気」発売
2002年(平成14年)10月
畜産用飼料の発売開始
2002年(平成14年)12月
日本健康食品評価認証機構(FFF)よりJACT認証を受ける
(現:一般社団法人日本統合医療(IMJ)健康食品認定機構)
2003年(平成15年)11月
飲料製品の開発・発売
2004年(平成16年)4月
万田酵素発売20周年記念感謝の集い京都で開催
2007年(平成19年)12月
財団法人日本健康・栄養食品協会健康補助食品GMP適合認定取得
2010年(平成22年)4月
新農場「万田びっくりファーム~健康農法~」オープン
2012年(平成24年)5月
東京オフィスを業務拡大の為、移転
2012年(平成24年)10月
大阪オフィスを業務拡大の為、移転
2012年(平成24年)11月
ジャンボ大根シンボルタワー完成
2013年(平成25年)1月
工場「新発酵棟」完成
2013年(平成25年)2月
ミャンマープロジェクト開始
2013年(平成25年)3月
万田株式会社の営業部門が会社分割により万田発酵株式会社に統合
2013年(平成25年)5月
認証機関SGSジャパンよりHACCP認定
2013年(平成25年)9月
『マンチェスター・ユナイテッド』と、日本国内における公式栄養サプリメントパートナーとなる
2013年(平成25年)10月
コーポレートロゴマークをリニューアル
2013年(平成25年)11月
大阪オフィス業務拡大の為、移転
2014年(平成26年)12月
東京オフィス大手町へ移転
2015年(平成27年)1月
工場の屋根に太陽光発電パネルを設置
2015年(平成27年)5月
コーポレートサイトをリニューアル
2015年(平成27年)12月
ミャンマー現地法人の設立
2016年(平成28年)7月
工場「万田工場本館」完成