TOPお知らせニュース「万田31号」の研究内容が中国の学会で発表されました
ニュース
「万田31号」の研究内容が中国の学会で発表されました
2008年08月12日

去る5月24日(土)中国上海交通大学において、「中国園芸学会 第8回青年学術討論会」(参加人数:約250名)が開催されました。その学会において、植物用万田酵素「万田31号」についての研究内容が発表されました。

              PICT3102補正.jpg  

                                     上海交通大学

 

2年に一度開催されるこの学会には、中国全土から大学教授、学生が集まり、中国各地の大学で行われている研究内容を発表する場となっています。今回は、約50名の研究者が発表を行い、「万田31号」の研究内容については、華南農業大学の大学院生により発表されました。

学会終了後の懇親会では、各大学の教授と意見交換をする機会にも恵まれましたが、今回の学会発表がきっかけとなって「万田31号」に興味を持たれた方が多く、華南農業大学以外の大学からも共同研究の申し出をいただくなど、中国における「万田31号」のニーズを大いに感じました。

 

 PICT3063補正.jpg PICT3074補正.jpg

  学会発表風景

 

≪発表内容≫

 2008年5月24日開催「中国園芸学会 第8回青年学術討論会」にて学会発表された華南農業大学 陳教授グループによる研究内容:

 ■Effect of Mnada31 on Photosynthesis and Mineral Nutrition Absorption in Three Leaf-vegetable Crops.

  (3種類の葉菜類における光合成と無機栄養素の吸収に及ぼす「万田31号」の影響)

 ■Effect of Manda31 on Growth and Qualities in Three Leaf-vegetable Crops.