TOPお知らせびっくりファーム美味しいイチゴを育てています
びっくりファーム
美味しいイチゴを育てています
2008年12月22日

◇実験圃場の一角にて、水耕栽培でイチゴを育てています。

 

イチゴの種類は、『紅ほっぺ』、ハウス栽培(無加温、水耕栽培)です。

全部で440株と少ないため、交配は圃場管理者による手作業で行います。養液に万田31号を

10万倍に混用して使用。水耕栽培でも香りと味がよい果実になります。

 

今までは収穫量が限られていたため、工場見学では一部のお客様にのみ試食して

いただいていましたが、評判はたいへん良く、大人気でした!

これからは収穫量が増えるので、より多くのお客様に喜んでいただけます。

 

itigo2008_0922.jpg itigo2008_1009.jpg

     9月22日定植                10月9日

 

itigo2008_1119.jpg

    11月19日 すくすくと育ちましたね。

itigo2008_1222.jpg 

 12月22日 収穫も楽しい!食べることも楽しい!イチゴです。

 

▼葉などに水滴がありますが、これは何でしょうか?

itigo-itueki.jpg

これは、溢液現象(いつえきげんしょう)といいます。溢液現象とは葉の水孔から

水分を排出する現象のこと。この水分には肥料分が含まれているため、水分が乾くと

肥料分が残り、白いあとが付きます。ちなみに農薬ではありませんのでご安心ください。

溢液現象があるということは、イチゴが活発に活動しているということです